毛深いせいで暗い中高時代でした。

私は、人より毛深いのが、悩みです。しかも濃いのですぐに処理しないと目立ちます。しかも濃くなったのは、中学生時代だったので、とても恥ずかしかったです。

それは、中学生は、体育で、太ももがオープンになるでしょう。それで、毛深いと思わなかった時は、そんなに思わなかったですが、毛深いと思い始めた時は、体育が嫌で仕方なかったです。それは、毎日、剃ってもダメで、残りが出てしまうからです。

だから、とても嫌でたまりませんでした。また、体育の授業が多くなる体育祭の練習では、毎日、剃ってもダメですが、とりあえず剃ります。でも、意地悪な子があの子凄いね。という声がするのです。とっても恥ずかしく早く脱毛したい気持ちが一杯でした。

でも、中学生では、脱毛は、お金がないので、できませんし、脱毛をしようとするところもよく分からないので、このまま時間が過ぎで行くしかないのでした。でも、恥ずかしくので、よく体育は、休んでいました。

中学生時代のスカートは、長めにしています。少しでも見られないようにするためです。高校も同じで、濃いのが嫌でたまりませんでした。剃ると濃くなるので、ほんと剃りたくなかったのですが、私の住んでいるところは、田舎ですので、脱毛するようなところは、ありませんでした。それゆえ、中・高の学生時代は、色々考えて体育を休んだりしていました。女ですので、休む理由はなんとかなります。

その後なんとかアルバイトして、脱毛したのが大学生の時でした。≪脱毛選びで参考になったサイト・・・脱毛水戸市

その時とても嬉しかったです。これで短パンが履けるし水着が堂々着れるし、嬉しさがこみ上げてきます。そしてみんなの前て堂々と見せることができるのがこんなにいいものだとは思いませんでした。

足は自信があったのですが、毛深い理由で全然自信がなかったのです。それゆえ中・高の学生時代はほんと嫌でしかなかったです。今は脱毛をしているので、なんとかなります。脱毛があって良かったです。

イヤイヤ期って大変です

現在3歳の娘は、やっとイヤイヤ期を抜けたかと思ってホッとしていたのですが、次は強烈な反抗期を迎えています。

世間では魔の2歳児、悪魔の3歳児と呼んでいるくらいなので、この時期は少なからず子育てをされている方は育児に悪戦苦闘されているのでしょう。

ただ、このようにイヤイヤ期・反抗期のような兆候が見られたら、育児が成功している証拠とも言われています。私はこの言葉にすごく救われました。

子供のイヤイヤ期が酷くて子育てに自信がなくなっていた時に、仲のいい友人が助言してくれたのです。この言葉を聞いてから、私の子育ては間違っていないのだと少し自信が持てるようになりました。

しかしホッとしたのも束の間、次は強烈な反抗期が待っていました。イヤイヤ期の時のように訳もわからず癇癪を起こしたり、暴れたりすることはおさまりましたが、その代わりに口答えすることが増えました。

ああ言えばこう言うみたいな感じで、本当にイライラしてしまいます。口答えと言ってもまだ言葉は多くないので、たどたどしい口調で怒ってきます。

傍から見れば可愛らしいのでしょうが、相手をしなければならないこちらは毎日ヘトヘトです。男の子だったらもっと可愛いのかしら、なんて考えても仕方のないことを考えてしまったり。

でも、機嫌の良いときはお手伝いをしてくれたり、お母さん大好き!と飛び付いてきたり、とても愛くるしいです。だからこそ、イライラしてしまう自分に落ち込んでしまいます。

でもその3歳もあと少しで終わります。聞き分けが良く、お利口になった娘を見て少し寂しく感じられるよう、今を精一杯頑張りたいと思います。