イヤイヤ期って大変です

現在3歳の娘は、やっとイヤイヤ期を抜けたかと思ってホッとしていたのですが、次は強烈な反抗期を迎えています。

世間では魔の2歳児、悪魔の3歳児と呼んでいるくらいなので、この時期は少なからず子育てをされている方は育児に悪戦苦闘されているのでしょう。

ただ、このようにイヤイヤ期・反抗期のような兆候が見られたら、育児が成功している証拠とも言われています。私はこの言葉にすごく救われました。

子供のイヤイヤ期が酷くて子育てに自信がなくなっていた時に、仲のいい友人が助言してくれたのです。この言葉を聞いてから、私の子育ては間違っていないのだと少し自信が持てるようになりました。

しかしホッとしたのも束の間、次は強烈な反抗期が待っていました。イヤイヤ期の時のように訳もわからず癇癪を起こしたり、暴れたりすることはおさまりましたが、その代わりに口答えすることが増えました。

ああ言えばこう言うみたいな感じで、本当にイライラしてしまいます。口答えと言ってもまだ言葉は多くないので、たどたどしい口調で怒ってきます。

傍から見れば可愛らしいのでしょうが、相手をしなければならないこちらは毎日ヘトヘトです。男の子だったらもっと可愛いのかしら、なんて考えても仕方のないことを考えてしまったり。

でも、機嫌の良いときはお手伝いをしてくれたり、お母さん大好き!と飛び付いてきたり、とても愛くるしいです。だからこそ、イライラしてしまう自分に落ち込んでしまいます。

でもその3歳もあと少しで終わります。聞き分けが良く、お利口になった娘を見て少し寂しく感じられるよう、今を精一杯頑張りたいと思います。